公益社団法人長崎県柔道整復師会

長崎県長崎市茂里町3-24 長崎県総合福祉センター3F TEL:095-801-3966 FAX:095-801-3967

救護活動

平成26年3月9日(日)森山ふれあい広場で開催された、『第36回コカコーラウエスト長崎県小学生ラグビーフットボール大会』に長崎支部の4名の会員がボランティアで救護班として参加しました。当日は捻挫、打撲の応急処置を行いました。

  • 開会式
    開会式
  • 救護を行う本会会員
    救護を行う本会会員

佐世保支部学術研修会(公開講座)

平成26年2月15日(土)佐世保中央消防署様にご協力いただき『普通救命入門コース』を開催致しました。

  • 会員も心臓マッサージを体験
    会員も心臓マッサージを体験
  • 心臓マッサージの実技
    心臓マッサージの実技

保険研修会

平成26年1月25日(土)太田保険部長による保険研修会を開催致しました。

  • 研修風景
    研修風景
  • 太田保険部長
    太田保険部長

税務講習会(公開講座)

平成26年1月25日(土)本会顧問税理士 松本信幸様による税務講習会を開催致しました。

  • 講師の松本信幸様
    講師の松本信幸様
  • 司会の石本経理部長
    司会の石本経理部長

会員論文発表(公開講座)

平成26年1月25日(土)第43回九州学術大会佐賀大会発表に向け以下の演題で論文発表が行われました。九州ブロック学術部で選考された論文は7月の九州学術大会佐賀大会並びに11月の日本柔道整復接骨医学会において発表されます。

【演題】
『上腕骨外側上顆炎に対する評価と対応』田端  肇 会員
『急性腰痛時のコンビネーション刺激治療機での症例報告』谷  雄太 会員
『腰部伸展痛に対するアプローチ』前川 正洋 会員
『急性腰部捻挫における段階的施術法』野口 英一 会員
  • 発表を行う田端肇会員
    発表を行う田端肇会員
  • 発表を行う谷雄太会員
    発表を行う谷雄太会員
  • 発表を行う前川正洋会員
    発表を行う前川正洋会員
  • 発表を行う野口英一会員
    発表を行う野口英一会員

長崎支部学術講演会(公開講座)

平成25年12月14日(土)古川宮田整形外科内科クリニック院長の古川敬三先生をお招きし『肩と肘のスポーツ障害』という演題でご講演いただきました。

  • 講演会風景
    講演会風景
  • 講師の古川敬三先生
    講師の古川敬三先生

第22回日本柔道整復接骨医学会学術大会

平成25年11月23日(土)~24日(日)東京都江東区の東京有明医療大学において「教養」・「研究」・「臨床」-深化と調和-を大会テーマに開催されました。本会の今道昭哉会員は九州ブロック会学術部代表として運動療法分野で『シニア世代のスポ-ツ科学』という演題で発表を行いました。特別講演は『足とアシクビの解剖序説』・『足関節内反損傷』の二講演で我々の臨床に直ぐにでも役立つ貴重な講演でありました。学会参加者は3,040名で本会からは25名が参加し二日間学術の研鑽に励みました。

  • 学会参加者
    学会参加者
  • 発表を行った今道昭哉会員
    発表を行った今道昭哉会員
  • 特別講演
    特別講演

三支部ボウリング大会

平成25年10月27日(日)長崎市の長崎ラッキーボウルにおいて会員の親睦を目的とし61名が参加しボウリング大会が行われました。業務をはなれ皆、楽しくゲームを行い、閉会式では多数の景品も用意され楽しく過ごし親睦を深めることができました。

  • 始球式
    始球式
  • ゲーム風景
    ゲーム風景

中央支部学術講習研修会

平成25年10月20日(日)午前10時30分より諌早市の、いこいの村長崎において、長崎県国体・障害者スポーツ大会部、障害者スポーツ大会課課長、大庭茂雄様をお招きし『障害者スポーツ大会について』という演題で公開講座を開催致しました。講演では、大会の目的、開催の経緯、大会スローガン、日程、競技内容等が詳細に解説されました。

来年2014年は、長崎がんばらんば国体・長崎がんばらんば大会が開催されます。

  • 長崎がんばらんば国体2014

    日程 2014年10月12日(日)~10月22日(水)

  • 長崎がんばらんば大会(全国障害者スポーツ大会)2014

    日程 2014年11月1日(土)~11月3日(祝月)

  • 講師の大庭茂雄様
    講師の大庭茂雄様
  • 学術公開風景
    学術公開風景

文部科学大臣杯争奪 第22回日整全国少年柔道大会 第3回日整全国少年柔道形競技会・厚生労働大臣杯争奪 第37回日整全国柔道大会

平成25年10月14日(祝)公益社団法人日本柔道整復師会主催の上記大会が講道館で開催されました。この大会は日本古来の武道である柔道を通じ、少年少女の心身の健全な育成に努めるとともに、柔道整復師が業務と関わりのある柔道を通じて、自己を鍛練し、更に研鑽に努め、柔道の普及発展に寄与する目的として開催しています。少年の部は全国より48チーム(東京2チーム)が出場し行われました。会場は毎年早朝より満員で熱気に包まれています。長崎県チームは一回戦岩手県チームに勝利しましたが、二回戦では準優勝した愛知県チームに惜しくも敗れました。会員の部では、本会、佐世保支部の中山直秀会員が九州代表の中堅として出場しチームに貢献しましたが、一回戦で北信越西部Aと対戦し代表戦の旗判定までもつれましたが惜しくも敗れました。成績は以下の通りです。

成績一覧

  • 全国大会 試合風景1
    全国大会 試合風景1
  • 全国大会 試合風景2
    全国大会 試合風景2
  • 会員の部 試合風景
    会員の部 試合風景
  • 代表選手と大会参加者
    代表選手と大会参加者

外務大臣杯・文部科学大臣杯・長崎市長杯・名誉会長太田勇杯 第32回柔整旗争奪長崎県少年柔道大会・第29回柔整旗争奪長崎県女子柔道大会

平成25年9月29日(日)午前9時から長崎県立総合体育館武道場において、本会主催の上記大会を開催しました。この大会は県下青少年の心身の健全な育成に寄与する目的で主催しています。当日は71チーム328名(男子212名、女子116名)の選手が団体戦、個人戦で熱戦を繰り広げました。中学男子団体は福江中学校が見事四連覇を果たしました。中学女子団体は西海中学校が初優勝に輝きました。開会式では審判として長年御尽力いただいた陣内眞津喜審判員と三ツ石広明審判員に本会より感謝状が贈られました。今年も本会会員が救護にあたり選手のサポートを行いました。また当日は長崎女子、長崎商業、瓊浦高校、東長崎中学校の柔道部の皆さんに補助員としてご協力いただきました。厚く御礼申し上げます。成績は以下の通りです。

成績一覧

  • 開会式
    開会式
  • 表彰を受けた陣内審判員と三ツ石審判員
    表彰を受けた陣内審判員と三ツ石審判員
  • 選手宣誓
    選手宣誓
  • 選手のサポートを行う本会会員
    選手のサポートを行う本会会員
  • 試合風景
    試合風景
  • 男子団体優勝 福江中学校
    男子団体優勝 福江中学校
  • 女子団体優勝 西海中学校
    女子団体優勝 西海中学校

ひらどツーデーウォークでボランティア活動

平成25年9月21日(土)は平戸市を、22日(日)は生月町を舞台に開催されたウォーキングイベントに平戸市からの要請を受け、長崎県柔道整復師会佐世保支部の会員11名がボランティア参加しました。スタート前のケア希望者は16名でしたが、ゴール後にはさすがに不調を訴えられる方が多く、結果123名の方々のケアを行いました。これからも是非、参加させていただきたいと思っています。

  • ウォーキングスタート
    ウォーキングスタート
  • 施術風景
    施術風景
  • 施術風景
    施術風景

「第2回アジアグランドマスターズオープン柔道大会」で当会の中山直秀会員が優勝!

平成25年9月21日(土)~ 22日(日)に東京の講道館にて、第2回アジアグランドマスターズオープン柔道大会が行われました。この大会の原点は、もともとカナダが発祥とされるシニアによるマスターズ競技に柔道も参加したところまでさかのぼり、2003年に講道館にて大会が開催された際に日本マスターズ柔道協会が組織され、それから数えて今回は第10回記念日本マスターズ柔道大会ということで国際柔道連盟、全柔連との共同開催となり、第2回アジアグランドマスターズオープン柔道大会の名称で開催されました。

第10回の記念の大会にふさわしく、参加総数740名、外国人選手の参加も64名という大きな規模のものとなりました。

そのような選手層の厚い大会に、長崎県柔道整復師会佐世保支部会員の中山直秀会員(36歳)も参加し、M2(35歳~39歳)66kg以下級にて、オール一本勝ちという見事な内容で優勝しました。

試合後、中山直秀会員は「指導している子供達の励みになってくれれば嬉しく思います。」と優勝の喜びを語っていました。

  • M2 66kg以下級優勝の中山直秀会員
    M2 66kg以下級優勝の中山直秀会員

第42回九州学術大会福岡大会

平成25年7月28日(日)福岡市のホテルニューオータニ博多で開催されました。

特別講演は『柔道で脳を守る』という演題で、徳島大学医学部脳神経外科教授、永廣信治先生と、『柔道整復師と介護保険について-機能訓練指導員として現場で直ぐに実践できる運動実技を含めた必要なskill-』という演題で公益社団法人日本柔道整復師会保険部介護対策課、川口貴弘先生、三谷誉先生による貴重な特別講演が行われました。

今道昭哉会員は日本柔道整復師会九州ブロック会学術部を代表し『シニア世代のスポ-ツ科学』という演題で特別発表を行いました。

他、8名の会員発表が行われました。本会からは66名が参加し学術の研鑽に励みました。

  • 今道昭哉会員
    今道昭哉会員
  • 特別講演 永廣信治先生
    特別講演 永廣信治先生
  • 特別講演 三谷誉先生
    特別講演 三谷誉先生

第36回九州ブロック会柔道大会

平成25年7月27日(土)福岡市の福岡武道館で開催されました。

本会からは、監督で坂口孝之会員、審判で山本浩央会員、選手で藤田裕紹会員、北川雅敏会員、楠本真佐哉会員、廣野修会員、竹馬猛会員、川口克広会員、七種昇一会員、島田茂会員、中山直秀会員、平山亨会員が出場しました。

中山直秀会員は30才代で見事準優勝に輝き、10月14日(月)講道館で開催される日整全国柔道大会に九州代表として出場します。

30才代で平山亨会員、40才代で北川雅敏会員がベスト8と健闘しました。坂口孝之会員(25回以上出場)と楠本真佐哉会員(10回以上出場)が特別表彰を受けました。

  • 試合風景
    試合風景
  • 準優勝 中山直秀会員
    準優勝 中山直秀会員
  • 特別表彰 坂口孝之会員
    特別表彰 坂口孝之会員
  • 特別表彰 楠本真佐哉会員
    特別表彰 楠本真佐哉会員

三支部親睦柔道大会

平成25年6月30日(日)長崎県立総合体育館武道場にて開催しました。

長崎支部、佐世保支部、中央支部より19名の会員が参加し、私共の仕事と係わりの深い柔道を通し親睦を深めました。

  • 個人優勝 福富忠信会員
    個人優勝 福富忠信会員
  • 選手宣誓
    選手宣誓
  • 表彰式
    表彰式

文部科学大臣杯争奪 第22回日整全国少年柔道大会・名誉会長太田勇旗・青木杯争奪 第16回長崎県大会

主催、公益社団法人日本柔道整復師会、主管、社団法人長崎県柔道整復師会による大会が平成25年6月30日(日)長崎県立総合体育館武道場において、県内道場より122名(4年生~6年生、内女子17名)が参加し、10月14日(祝)講道館で開催される、第22回日整全国少年柔道大会出場を目指し熱戦を繰り広げました。

4年生優勝、米澤龍之介選手、五年生優勝、山口音葉選手、準優勝、本明優騎選手、6年生優勝、大杉鴻燿選手、準優勝、江藤蓮選手が長崎県代表として全国大会に出場します。

団体戦は16点を獲得した講志館が優勝しました。

当日は、南山中学校柔道部の皆さんに補助員として試合運行にご協力いただきました。

  • 試合風景1
    試合風景1
  • 試合風景2
    試合風景2
  • 選手宣誓
    選手宣誓
  • 全国大会出場者
    全国大会出場者
  • 団体優勝 講志館
    団体優勝 講志館

開業二年未満保険研修会

平成25年6月23日(日)適正な保険業務を行うため、全国健康保険協会長崎支部業務部長、佐藤清光様を講師にお招きし15名の新人会員が二時間に及ぶ研修を受けました。

  • 研修風景1
    研修風景1
  • 研修風景2
    研修風景2
  • 講師の佐藤清光様
    講師の佐藤清光様

長崎支部学術講演会

平成25年5月18日(土)長崎市ブリックホールにおいて、日本赤十字社長崎原爆病院副院長の河野昌文先生をお招きし『整形外科領域の神経疾患』という演題で、ご講演いただきました。

当日は102名の出席があり本会会員以外の一般の方々の出席も多数ございました。

  • 講演風景
    講演風景
  • 講師河野先生
    講師河野先生

ページの先頭へ戻る